巷で話題だった 深夜食堂

和みます

食に関する作品というのは売れる、面白いくらいにだ。書店で働いていた時にも感じたが、何気に注文を受けることが多く、度々在庫がない旨を伝えると逆ギレされるケースすらあった。流石に怒られてもないものはしょうがないだろうと書店あるある体験にも遭遇しやすい。また部門の人間がこれは売れないだろうと返本しようとした書籍を、他の部門から絶対置くべきだとゴリ押しされて置いたら、一日で完売したというケースもあります。食を題材にした作品が売れるのは、見ていて楽しいからも理由でしょうが、他に何があるのでしょうか。

グルメを話題にした作品ともなると、やはり自分でも思わず作りたくなる・食べたくなるという作品が好まれるのかもしれません。そういう意味ではつむじ風食堂の夜に対してがっかりしたという人たちも、そんなところが残念だと感じたのだろう。

つむじ風食堂の夜の場合は群像劇というシナリオになっているため、食について話題になることはありません。それこそクッ○○グパパみたいな世界観を求めるわけではないが、実際に映画化されて話題を読んだグルメ漫画は他にもある。次に紹介する作品ですが、映像化はテレビ・映画とどちらもヒットして知る人ぞ知るおすすめ作品としても通っている『深夜食堂』を取り上げる。

作品概要

深夜食堂と呼ばれるこちらの作品、原作は漫画雑誌であるビッグコミックオリジナルにて連載されているものだ。現在進行形でいまだに連載されており、その内容は多くの読者を魅了している。それもそうだ、この作品の人気はコアな漫画ファンにとって愛読書とも言えるべきものだ。何が人気を呼んでいるかというと、作中に登場する料理の数々が題材となっています。傾向としては〇〇ングパパのように作中で主人公が作り出す料理、それを食べて幸せそうな様子が描かれているのが醍醐味だ。地球が崩壊したり、火星へと赴いて超進化したゴキブリたちと戦ったり、魔法少女が絶望すると魔女になるというドス黒展開は一切ありません。

街角にある、とある食堂にて繰り広げられる日々の営業で訪れる人達と食堂店主が提供する料理がテーマだ。これぞまさに究極のグルメ映画といえる作品が、満を持して映画化が決定したのです。ではこちらの作品もまずはあらすじから簡単に紹介していこう。

あらすじ

舞台は眠らない街として知られる新宿、その花園界隈の片隅にてひっそりと営業している食堂がありました。そこは深夜0時にしか開店しない店舗で、店内にあるメニューには豚汁定食・ビール・酒・焼酎と4つしかない。これで食堂といえるのかというと、それ以外にももう一つメニューがある。それは店主自らが『作れる範囲での料理をオーダーする』だ。その味は誰もが懐かしくなるような味で出てくるため、常連客のほとんどがマスターと料理目当てで訪れている。

夜の街で知る人ぞ知るその食堂のマスターの下に、ある日1つの骨壷が置き去られていた。またそこへ久しぶりにやってくるかつての客である『たまこ』がやってきて、愛人を亡くしてしまったと告げる。行き場を失ったたまこは店主に頼み込んで住み込みで働かせてもらう様になる。

けれどそれも深夜食堂にはありふれた光景だった、今宵もまたマスターの料理目当てで訪れる客達で店内は夜ごと賑わい続けます。

深夜食堂について

あらすじを見てもらいましたが、最初に触れておきたいのが『深夜食堂』というタイトルについてです。一見するとこれが店名に見えるかもしれませんが、実は原作並びに劇中でも明確に店名が『深夜食堂』と明言しているが場面はないのだ。どうして深夜食堂と呼ばれているのかというと、昼間は営業しないで深夜0時からやっているからだという。しかもそれを決めたのは常連客の誰かが言い始めたことで、店主であるマスターは何一つ告げていないのです。

やがて深夜食堂の名は界隈の人々にとっての憩いの場となり、時に荒くれ者が集い、時に訳ありの者たちが集い、またある時は警察が味恋しさにやってくることから、そう名付けられた。

映像作品について

待望の劇場作品が2015年1月に公開されて、待っていましたという人も多い。ですがそれだけではなく、実は劇場版の前にはテレビにてドラマ放送がされていたのです。その時に出演したキャストがそのまま採用されているわけですが、その歴史が何気に長かった。どれくらいかというと、初めてテレビドラマが公開されたのが、何と2009年からでそこから2014年まで計3期放送し、その後劇場版となっている。時系列的に映像作品公開をまとめてみると、このようになっている。

放送開始 話数 放送時間
深夜食堂 2009年10月 全10話 0時29分~
深夜食堂(第二部) 2011年10月 全10話 0時55分~
深夜食堂(第三部) 2014年10月 全10話 0時50分~
深夜放送にも関わらず

この深夜食堂、地上波で放送されていたのは深夜帯の0時以降となっている。基本的に寝静まる時間帯なので視聴率はあまり期待されていないため、かなり挑戦的な番組作りがされている傾向がある。そんな中で今作は元からの人気や話題性もあってか、なんと0時以降の番組でありながら2%台の視聴率を獲得したというのだ。これがどれだけ凄いかというと、単純計算してもこの番組をリアルタイムでみたいがためにおよそ数十万人が視ていたことになるのです。

かなり凄いことだと言っても実感が湧かないと、断言してしまう人も多いと思いますが。

待望の映画化へ

そんな深夜食堂が待望の劇場映画として公開された時には、歓喜した人もいるでしょう。筆者も公開されているとは知らなかったので、別作品の映画観賞をしている時の予告編で見た時は中々衝撃を受けたものです。面白いものは漫画でも実写化しても面白いというわけだ。

今巷でちょっと話題の、ファン阿鼻叫喚でやめろと罵倒されている某錬金術師作品の実写化とは天と地ほどの差があります。